Pocket

地域経済、里山資本主義、土発経済など、大都市圏中心ではない、地域の自律的経済圏のありかたを模索する動きが活発化している。しかもその担い手はいわゆる地元の人びとだけではない。圏外からの転職者、移住者をともなうケースも見られる。それは必ずしも地元への帰還でも、移り住む先にツテがあったわけでもなく、そこでの生活の仕方、ライフスタイルへの関心と共感から参集・結集しているのである。おのずから適度なクレオール状態( 異質な要素の混成状態 )が生まれ、それがインクリメンタル・イノヴェーション incremental innovation の母体となる。やがて非連続なラディカル・イノヴェーション radical innovation を体現する地域も出てくるだろう。従来みられた地元民中心の閉ざされた地域経済圏ではなく、セミ・オープンな地域経済圏の形成に向けた動きである。

 

◉関連リンク グローバル・パラドクスまれびとの出現「小さな場所」の革新的取組物語と場所の関係

◉ 設樂剛事務所

Related Post

コメントを残す