Mythopoeia

Pocket

This morning, we accessed 7,000 years ago. People back then were already using earthenware and bricks. That’s all we see, and then we move to 1000 years later. Now we are at 6,000 years ago. When we come to this time, we see city-states, irrigation projects, and cuneiform writing. When we move another 1000 years, dynasties appear. A goddess is worshipped. It seems to be called Ninhursag ……. The meaning of the name is “holy mountain goddess” (Nin = goddess, hur = mountain, sag = holy). I wonder if that is a symbol. I see the letters “Ω”.
To the west, we could see a magnificent building. It is the Temple of the Lady Ninhursag. The “Standing Statue of Queen Napiruas” excavated from here is now in the Louvre Museum.

We walked into the Ninhursag Goddess Hall.

Myth. The Greek word mýthos means “story”. The word Mýthos is still found in English, German, Latin, etc., and can mean (1) values specific to a certain cultural group or society, (2) a mythological system, or (3) a mythical person or thing. Mythopoeia means making stories, myths (Mýthopoeia : Mýth (myth) + poieîn (make)).

Stories can be divided into 1) history, 2) mythology, and 3) poetry. Here, I am aware of (2) mythology all the time, probably because I am in the temple.

We are now in Mesopotamia, 5000 years ago (B.C. 30).

Myth and Meso of Mesopotamia sound similar, but the etymology is different. Mesopotamia means “the land between two rivers,” from the Greek meso, meaning “between”, and potamos, meaning “river”. Meso is Latin for medius and Italian for mezzo, meaning (1) between or in between, but also (2) medium, (3) environment or habitat (a biological term), and (4) talent, quality, resource, or wealth.

history, poiesis, and myth|SHIDARA & ARCHIPELAGOs


今朝は7000年前にアクセスした。当時の人々は、すでに土器やレンガを使っている。そこから1000年ほど移動する。いま、6000年前にいる。この時代に来ると、都市国家、灌漑事業、楔形文字が現れる。さらに1000年移動すると、王朝が現れた。ある女神が崇拝されている。ニンフルサグ……と呼ばれているようだ。その名の意味は「聖なる山の女神」である(Nin=女神、 hur=山、 sag=聖なる)。あれはシンボルだろうか。「Ω」という文字が観える。西のほうに、立派な建物が観える。ニンフルサグ女神殿だ。ここから出土された「ナピルアス王妃の立像」は、ルーブル美術館に所蔵されている。

ニンフルサグ女神殿の中に入っていく。

神話 myth 。ギリシア語でミュートス mýthos 。いずれも「物語」を意味した。Mythosという単語は、現代でも英語、ドイツ語、ラテン語などに残っており、①ある特定の文化集団や社会に特有の価値観、②神話体系、③神話的な人物や事柄という意味も持っている。Mythopoeiaといえば、物語、神話をつくることを意味する( Mýthopoeia ; Mýth(神話)+poieîn(制作) )。

物語は、①歴史と②神話と③詩に分けることができる。ここでは、神殿にいるからだろう、ずっと②神話を意識している。

いまは、5000年前のメソポタミアにいる(B.C.30)。

神話のmythと、メソポタミアのメソは音が似ているように聞こえるが、語源は違う。メソポタミア Mesopotamia は、“ 2つの川のあいだの土地 ”という意味で、これはギリシア語で「あいだ」を意味する mesoと、「川」を意味する potamos からできた言葉。Mesoは、ラテン語ではmedius 、 イタリア語では mezzo となる。Mezzoは、①あいだ、中間を意味するが、他にも②媒体、③環境や生息地(生物学用語)、さらに④才能、資質、資力、富を意味する。

歴史、詩、神話

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。