クレムリン

復活する大国主義の物語

Pocket

恐怖支配を敷いた独裁者スターリンが、再び英雄に祭り上げられている。ドナルド・トランプ大統領の誕生が多くのアメリカ人にとって青天のへきれきだったように、ソ連時代を知る人にとって、スターリンの復権はまさかの展開だと言われる。

とはいえロシアには強権的な指導者を求める国民感情が根強く存在する。ノースウエスタン大学教授のゲーリー・モリスンによれば、ロシア人にとって90年代の民主化の試みは、大国の栄光の歴史から逸脱した混乱でしかなかったという。

ソ連時代を懐かしむ風潮が高まるなか、プーチンの登場は「母なるロシア」への回帰願望をうまくつかみ、多くの国民に熱狂的に歓迎された。民主主義よりも大国主義への回帰というわけである。

スターリンの復権は、プーチン大統領が長年温めてきた構想だといわれている。スターリン時代を知る高齢者が次々に亡くなっていることにくわえ、独立系メディアがロシアにはほとんど存在しないことも手伝い(#1)、ロシア政府は歴史を自在に歪曲できる。このことも、高まるスターリン人気の背景として指摘されている。

いまや独裁者スターリンは「歴史上もっとも重要な人物」に選ばれるまでになっている(#2)。ロシアが欧米に対して敵対的な姿勢を強め、核戦争を含めた脅威が現実味を帯びつつある背景に、こうした「大国主義の物語(帝国の物語)」と「強いリーダー待望論」の高まりがあることを見逃してはならない。

強いリーダー待望論の意味

reference : Newsweek(2017.8.1)p.19をもとに作成 note: (#1)この投稿から4年後の2021年、ロシアの独立系リベラル紙「ノーバヤ・ガゼータ」の編集長ドミトリー・ムラトフ氏にNobel Peace Prizeが授与される。(#2)ロシアの独立系調査機関レバダセンターの最近の世論調査。

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。