Hemingway & Max

投稿者: shidarapress

ヘミングウェイはオーストリアへ戻り、そこで3月末までに『春の本流』の校正刷りに手を入れ、『日はまた昇る』の推敲を終えた。そしてまたパリに戻ると、初夏になったら「闘牛でも楽しもう」と、あれこれ計画を立てた。「飛行や闘牛も結構ですが、生命を大事にしてください」と、マックスは自分のいちばん新しい作家に注意をうながした。ヘミングウェイは、『日はまた昇る』を遺作にするつもりはないと答えた。205

Related Post