ボランティア行為の経済効果

投稿者: shidarapress

ボランティアが社会にもたらす経済的影響は大きい。もし、現在のアメリカで行われている社会奉仕活動(隣人を車で病院に送る、ホームレスに食事を提供する、スラム街の子どもの勉強を見るなど)に対価を支払えば、約1750億ドル(約21兆円)になるといわれる。

ところが今、ボランティア大国ともいわれるアメリカで、ボランティアが減少している。人口に占めるボランティアの割合は、2003年の29%から、10年後の2013年には25.4%に減った。人数にすると、6260万人の減少だ。

かつてアレクシス・ド・トクヴィルは、アメリカを観察し、市民の自発的活動が盛んであることに着目したが、ボランティア活動への参加者は、目下、過去10年で最低のスコアを記録している。

◉関連リンク ボランティア行為の経済効果(2)エンパワリング方法としての「対話」

⊆ 設樂剛事務所

Related Post