変革の波

Pocket

持続可能な開発。

この言葉が現れるまで、環境活動家と実業界のトップが互いに意見を交わすことは、ほとんどなかった。

環境保護主義者は、社会的アクティビストとして小規模な団体をつくって活動するばかりで、影響力をもたなかった。

そして彼らは、すべての実業家は、宇宙船地球号を破壊へと導く精神錯乱者だと思っていた。

一方、実業家たちは、環境保護主義者が、あらゆる技術的進歩を阻止することで頭がいっぱいの「エコナッツ」(熱狂的な環境保護論者)や「ラッダイト」(技術進歩反対論者)であると考えていた。

ところが、国連のブルントラント・リポートが「持続可能な開発」という言葉を初めて使用すると、変革の波が瞬く間に世界に拡がっていった。

ある日を境に、実業家、政治家、そして環境保護主義者が共通のテーマに向き合うことになったのである。


この話から、何を学べるのか。
ここから先は、多少メンバー向けになります。

第3カーブでは《生産のターム》と《生成のターム》を区別します。

たとえば、「持続可能な (sustainable)」は、《生成のターム》です。

《生成のターム》とは、人びとの認識、行動、理想について、新たな規準を生成する用語を言います。

《生成のターム》に着目した、ある分析家たちは、次のように表現しました:

“ 最近の50年間で、生成的イメージをもっとも象徴する言葉の1つとして挙げられるのは、「持続可能な開発」だろう ”(G.R. Bushe & J. Storch)。

ともあれ、《生成のターム》は、次の社会をつくるために欠かすことのできないものです。

ところで、人は、変われと言われて、すぐに変われるほど単純なシステムではないことがわかっています。過去の知識と経験が邪魔をするからです。

そこで、“従来の”認識、行動、理想を再生産する用語——《生産のターム》——が一定の役割を果たすことになります。

たとえば「開発」という言葉は、従来のビジネスを支える言葉、つまり《生産のターム》です。

このふたつの用語——《生産のターム》と《生成のターム》——を合成して、「持続可能な開発」という言葉が現れました。

これは人びとの認識と行動をつくりなおし、ひいては現代世界を変えていく重要な表現方法として、ここに特記しておきたいと思います。

また、もう1点あげるとすれば、この「持続可能な開発」という用語自体が、実務家と政治家と環境保護推進者を媒介する、インターミディエイターとしての役割を果たしたということです。

それまで互いに関わり合うことの乏しかった3者のあいだに、相互作用の場をつくりだしたことにも、着目しておきたいと思います。

◉関連リンク 新しい日本語計画│  for connecting differences│  narrative care│  物語的動物としての人間│  記号の運動


error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。