驚異の螺旋(3)

Pocket

心ある人びとや、一部の識者たちは気づいているが、
ビジネスをはじめ、社会的課題、公共的課題を解決するとき、
領域を横断した連携・パートナリングが欠かせない。

立場をこえた協力
分野をまじえた連帯
一言でいうなら超領域的アプローチとは

観方を変えれば、
多様性のなかの対話によって
より望ましい結果を出すことである。

 

 

 

 

驚異の螺旋(1)へ進む。 [ 次へ ]
驚異の螺旋(2)へ進む。 [ 次へ ]

 

 

 

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。