New Collaboration Society

Pocket

エリーザは、文体をいじって遊ぶという、密かな楽しみをもっている。ある日の早朝、古めかしい文体で書いてみようと思い立つ。ノートに[ Synopsis ]と書き、さして時間をかけずに次のような文章を構築する。

[ Synopsis ]
気候変動をはじめ、社会的課題はすべからく面的である。協働するほかない。かくして社会は、新しい意味での協働社会へと向かわざるを得ない。

さらに手を加えることで、若干の威厳のようなものを醸し出すことができるが、軽やかさは失われてしまう。軽やかさは現代文の特徴であるとItalo Calvino も述べている云々と、行を変えて綴る。

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。