Pocket

この300年ほど、物語と数字の抗争において、数字の優位が続いてきた。ところがある日、この関係に転調が生じる。詩のことばがやってくると、数字たちは道をゆずり丁寧に会釈をした。詩のことばは数字たちに丁寧にお礼をする。しばらくして、両者の対話が始まる。もはやそこには数字のほうが詩のことばに勝るのだとか、詩のことばが数字を凌駕するのだとかいった態度は身をひそめ、ともに連携して明日をいかにつくるかという構想が話し合われた。「物語数字」の連携ほど重要なものはない。それは「詩数」の連携であり、「ロゴスソフィア」の連携であり、「コンテクストデータ」の連携であり、「マーケティングテクノロジー」の連携でもある。And——それは自由と創造の凝縮した表現。