Indo-European languages(インド・ヨーロッパ語族の原郷)

Pocket

わざわざ森に迷いこみたいときは、どうすればいいか。簡単だ。インド・ヨーロッパ語族の中に入っていけばいいのである。

「北欧 Scandinavia」というと、地理的には、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、そしてアイスランドの5カ国を指すことが多い。だが、言語的に見ると、フィンランドだけ、別語族になる。

残り4カ国は、英語と同じだ。つまり、インド・ヨーロッパ語族の、ゲルマン語派、対してフィンランド語だけは、ウラル語族になる。

このように、北欧5カ国といいながら、言語的に見ると、フィンランドだけ別語族なように、「バルト3国」といいながら、言語的に見ると、エストニアだけ、別語族になる。

のこり2カ国(リトアニア、ラトビア)は、インド・ヨーロッパ語族なのに対して、エストニアは、ウラル語族となる。

こうして、フィンランド語とエストニア語が、ともにウラル語族に分類されることを確認した後、あらためて残りの言語について目を通す。

・ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランドは、ゲルマン語派—北ゲルマン語となる。東ゲルマン語にはゴート語が、西ゲルマン語には、オランダ語、ドイツ語、英語が含まれる。

・リトアニア、ラトビアは、バルト・スラブ語派—バルト語派だ。以上はすべてインド・ヨーロッパ語族 Indo-European languages に含まれる。

.jpgShogakukan

右側に目を移せば、インド・イラン語派のなかにサンスクリットがみえる。だが、それについて見ていくのは、また別の機会にしなければならない。

インド・ヨーロッパ語族の起源に追った、デイヴィッド・W・アンソニー『馬・車輪・言語』(上下巻、東郷えりか訳、2018年5月)を書棚から取りだす。

The Horse, The Wheel, and Languageⓒ筑摩書房

Horse, Wheel, and Language_DWA

ここでは、インド・ヨーロッパ語族のはじまり(祖語)はアーリア人ではなく、ポントス・カスピ海草原 Pontic–Caspian steppe あたり(map, 赤い囲み)に、BC3500年頃に存在した、古代ステップの民が使っていた言語だとの見方が披露されている。

Pontic–Caspian steppe

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。