Pocket

人類史上もっとも古い文字のひとつ。楔形文字。Litterae cunetaecuneiform scriptという。この楔形文字という呼び名は、ドイツ人 E.ケンペル の命名に始まる(1712年)。一方、1700頃にはイギリス人Th.ハイドが、この呼称を使っていたとする説もある。いずれにせよ, 18C初頭に「楔形文字」という名が生まれた。

ふたつの川の間に栄えたメソポタミア文明。ここで使われていたのが楔形文字であった。粘土板 clay tablet と葦ペンで、紀元前3400年前には使われていたことが知られている。当初は縦書きだったらしい。ところが紀元前3000年頃あたりに、粘土板を90度横に向けるようになってから、左から右へと横書きにシフトしたのだという。

古さでは、古代エジプトの象形文字に匹敵するとあるが、もともと楔形文字も当初は象形文字と呼ぶべきものであり、文字記号が簡約化され、完全な楔形文字になったのは、だいぶ後のことになる(矢島文夫、日本大百科事典)。このあたりは、矢島の監修した『文字の歴史』に詳しい(ジョルジュ・ジャン『文字の歴史』「知の再発見」叢書01, 創元社)。

本書は、こういう書き出しで始まる。

人間がメッセージを伝えるために、図形や絵を考え出したのは、数万年も前のことである。しかし、その記号やシンボルが体系づけられ、複雑な感情や考えまで表現できる「文字」となるまでには、長い時間が必要だった。

そして、歴史上初めての文字がメソポタミアに生まれた。初期の楔形文字は“略画”で、牛の頭の形を簡素化して「牛」を表した文字がある。初期の楔形文字は絵文字だった。

この絵文字が、いまわれわれに知られているような楔形文字になったのが、BC2900年頃。このときに大きな変化が起き、絵文字が消え、直線と三角形による記号が出現した。やがて、法典、論文、文学作品など、あらゆる分野の事柄を表記できるよう、楔形文字は発展していく。

人類が初めて記号を使ったのは、農業についての記録だったという。ラガシュでみつかった粘土板には、神殿の宗教的共同体が、18人のパン屋、31人のビール職人、7人の奴隷、1人の鍛冶屋を雇っていたことが示されていた。

やがて、古代シュメールやアッカド、バビロニア、アッシリアで、手紙や郵便が発明される。粘土で作られた封筒も見つかっている。このように、文字にまつわる発明は数々あるが、なかでも、物語の誕生を忘れてはならない。

楔形文字は、神への賛歌や神託を書き残していた。ニネヴェのアッシリア王・アッシュールバニパルの図書館には、『ギルガメシュ叙事詩』が粘土板の断片として保存されていた。古代シュメール人から伝わった、この叙事詩は、ギリシア神話への壮大な予告編であった。ここにはヘラクレスの物語の原型なども登場する。また、旧約聖書にあるノアの方舟で有名な、あの大洪水を思わせる記述も見ることができる。

 

 

Related Post