Pocket

フラナリー・オコナー( Flannery O’Connor )に、《 The Habit of Being 》という書簡集がある。それに触発されて、ポール・エメットがつけた表題が《 The Habit of Becoming 》だった。それは生成変化の習慣である。壮年に入って転機を手探りしていたエメットにとって、その最も強力な装置が、対話であり執筆だった。