ドラクロワ「民衆を導く自由」

Pocket

午前、恵比寿で会合。記帳を求められ、「政治家の仕事は、割れ目で覆われた世界のなかに、結び目をつくることにある——」という一節を記す。

夜には、人々は明かりをつける。なにかの箴言のように響く。午後8時、会食。彼とは8年ぶりとなる。彼は彼で自分の仕事を遂行していた。時代の脅威にさらされながらも、個々人は自らの生活習慣を変えようとしない、という話をしていたとき、マダム・オーに鴨肉のソースをどうするかと聞かれる。肉の量は少なくていいなどと話しているうちに、ドラクロワ Eugène Delacroix の話になる。

Eugène_Delacroix_-_La_liberté_guidant_le_peuple

彼の代表作『 民衆を導く自由の女神 』について。これは日本の慣習的な表現で、原題は La Liberté guidant le peuple、つまり『 民衆を導く自由 』である。「自由」という観念が擬人化されて女神として描かれているが、これはリーダーがフォロワーを導いているのではなく、「自由」という観念・理念が人々を導いている。

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。