Pocket

いわゆる正解があると思い込んでいると、それを誰かの“指導”によってぽんと提示されたときに、そこにはまってしまいます。

するともうその正解(らしきもの)のほうしか見向きしなくなる危険があるとともに、正解が見つからないと「自分が悪い」と思うこともしばしば。

ですが、私たちは唯一絶対の正解がある世界にもはやいないので、別の思考法を養わないとなりません。

あらゆるケースに適用できる一般モデル(つまり唯一絶対の正解)などはないので、現代では個別のケースごとに有効な解決法を考えることになります。

Related Post