Marketing Philosophy in the 21st Century

Pocket

「 関わり合い、ともに学び、ともに変わるマーケティング 」について学ぶ、文化サロンを開いています。都内に対話の拠点をつくって6年目になりますが、参加者の年齢構成も、所属セクターも実に多彩です。

関わり合い、ともに学び、ともに変わるマーケティング とは、与え手が自分の論理と行動原理に従ってモノやブランドをつくり、一方向に提供する従来型のマーケティングではありません。

それはむしろ「人間・機械・自然との相互作用」「 対話と関係づくり 」「より大きなシステムとの調和 」を重視する、生命論型のマーケティングです。「創発」「ホロン」「動的平衡」といった非線形現象も、等価交換と贈与交換の関係も、矛盾しているものを結びつける「媒介する知」も扱います。マーケティングでも思考上の転換が起こり、マーケティング・フィロソフィーが変化しています。

note:
写真は都内の対話拠点(撮影:設樂剛事務所)

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。