londonhydepark

R Important way to change

Pocket

1998年のことだったとおもう。
エメットは、そばにあった一冊の本を手にとる。ページをひらくと、執事と女中(housekeeper)が会話をしていた。筋よりも、その知的な文体が印象的だった。つい5ページ、6ページと読みすすめた。

ここでエメットは、ある半ページほどの記事をおもいだす。ずいぶんとまえに目にしたもので、内容は、だいたい、次のようなものだった。

——Ishiguroは、この小説のまえに出版した作品で、注目をあつめていた。だがその後、身辺がさわがしくなり、日々の執筆のリズムをくずしていた。気づけば、原稿はさっぱりすすんでいない。まずしい進捗ぶりに閉口した。そこでイシグロは、いっさいの対外的要請をことわり、執筆だけに専念できる環境をととのえ、4週間で原稿を書きあげる。The Remains of the Dayというタイトルがついた。

この原稿は、のちにBooker Prizeをとったようである。エメットは賞そのものより、その国には、知的な文体を讃える文化があることに興味をもった。

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。