Philosophical Thinking(べつの見方を創りだす営み)

Pocket

ありがたいのは、ノーマン・マルコム(Norman Malcolm)を通じて、ウィトゲンシュタインの声が聞けることである。彼もまたフィロソファーであり、アメリカのハーバード大学で博士号をとった。62ページを開く。そこには、ウィトゲンシュタインが考える知的思考(philosophical thinking)について語った、重要な一説がある:

ウィトゲンシュタインは、かつて知的思考 philosophical thinking について、こう述べたことがあった。「ふつうフィロソフィーというのは、ある概念を、ある決まった見方でみるように強いられていると感じるものだ。わたしのしていることは、べつの見方があることを示すことであり、さらには、べつの見方を創り出すことだ。……それによって、今まで考えてもみなかった見方がありうることを示したいのです。みなさんが、1つの、あるいはせいぜい2つの見方しかないと思っていたのに、ほかの見方もあると考えるよう促したいのです。みなさんを身動きできないようにしている考え方から離れて、自由に言葉を使えるように」

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。