革命のパラドクス

投稿者: shidarapress

革命は夜明けを意味しない———。革命のパラドクスを一言で要約すればこうなる。

人間社会の観察者A. トクヴィルは、かつてこう見抜いた。「革命は旧体制を撤廃しない。むしろ拡充する」と。彼が指摘したように、フランス革命後に残ったのは、あいかわらずの官僚制支配だった。政治、経済、学術、芸術の中心地はパリに残ったままであった。

ロシア革命がもたらしたものも農奴制であり、秘密警察であり、融通の利かない官僚制度だった。つまり、ロシア革命を推進した自由主義者たちがもっとも嫌悪したもの、すなわちツァー体制の中核は、したたかに温存されたままであった。そしてこのことは、毛沢東の文化大革命についても該当する、ということができる。

これこそがまさに、革命という神話であり、「革命は夜明けを意味しない」というパラドクスである。ここでトクヴィルによって指摘されたのは、革命という言葉のもつ甘美なイメージに反して、急進的な社会変革の限界であった。

note: A. Tocqueville, 1805 – 1859.

Related Post