欧州に現れた世界3項構造の実験      —インターミディエイターの出現—

投稿者: shidarapress

フランス大統領選は、5月の決選投票を前に「右でも左でもない」中道派が大躍進している。その顔となるのがエマニュエル・マクロンだ。極右政党・国民戦線の党首ルペンを破るとの情勢分析も現れている。しかし、ここには「右でも左でもない」ことの苦悩があり、大統領当選後に待ち受ける「試練」があるという。何かと思えば、それは、続く6月に行われる議会選挙で「右と左」、すなわち既存政党と闘わなければならないことを指している。右とは共和党であり、左とは社会党である。

大統領になったからといって辣腕を振るえるわけではない。大統領権限の多くは首相の支持を必要とし、首相の任命は議会の同意を要する。よって、議会で過半の議席を得られなければ、大統領として真の政治力を手にしたとは言えない。Newsweekは、マクロン率いる政治グループ「前進!」が、自らのアイデンティティを確立して、議会で過半数を取れるか? と問うている。過半数を取れなければどうなるか。左右どちらかと連立を組むことになる。この関係に身動きがとれなくなれば、「右でも左でもなく、前進を」との大義が損なわれるという。

「世界は3項構造でできている」とする認識論では、〈中間〉というのは立派な存在項だが、右か左でなければ明確なアイデンティティを確立するのに苦労するだろうというのは、世界は2項でできているという2元論が背後に控えている。両者の〈中間領域〉という存在は存在ではなく、何もないに等しい。

「どこからともなく現れた中道政党が、フランス議会で過半数をとった歴史はない」とフィリップ・マルリエール(ロンドン大学教授)は語る。だが「フランスではもはや左も右も時代にそぐわないし、中道派はいまや強力な新勢力となっている」 「今後の展開は読めない」とマルリエールは続ける。だが言えるのは、中道派が大統領に当選すれば「フランスの政治が再構成される」ということだ。中道派マクロンの大統領選出は、フランスは未知の領域に突入することを意味する。

ここには、第3項である〈中間領域〉から環境を再構成していく「インターミディエイター」現象の萌芽が見られる。右と左という2分法のメガネでは見えにくい勢力。それゆえアイデンティティの脆弱性を問われてしまう存在のように書かれているが、そうではない。世界を3項構造で見る者からすれば、ここには極端さと単純さに代わるもうひとつの選択肢と、素朴な2分法を超えた新たな知性が示される可能性がある。

右派・左派という言葉の起源となったフランス政界で、そのどちらでもない勢力が現れた。インターミディエイターの登場は、2元論では支えきれない多元社会の必然である。だが、政治の世界に渦巻く狡猾さと厳しい勢力争いのなかで、中間領域から現れた新勢力は、右と左に引っ張られながら、まっすぐには歩けないだろう。しかしそれは、すでに行き詰まった政治=言語システムに新しい突破口を開くうえで不可欠な歩行である。未知の領域にふみこむ以上、有権者と、そしてその国の未来に思いをはせる人びとに届く、新たな言葉と物語が必要である。

reference: ジョシュ・ロウ+クレール・トゥレーユ「『右でも左でもない』苦悩」, Newsweek, 2017年4月25日号, p.36-37.

Related Post