カール・クラウス:知的アナキスト

投稿者: shidarapress

shidara pressでは、世界史の中で人間が創造性を発揮した場面を折々に取りあげている。人間の知的創造性といえば、ウィーン生まれの科学哲学者ポール・ファイヤアーベントは、知(science)の新たな展開や創発を妨げない重要な原則は「Anything Goes!」だと語った。これは従来の個別科学(discipline)が採用する方法への挑戦であり「知のアナーキズム」だった。この意味でのアナーキズムは、政府を批判する無政府主義のことではなく、既成の権威ある学問のあり方や、正統的とされる方法論を批判し、新たな「知と方法」の可能性を探究する、創造的な知的態度を指す。以下はサイエンスの分野ではないが、文化的アナキストと呼ばれたカール・クラウスに対するいくつかの評判だ。じつに賛否の激しい人だった。

◉ カール・クラウス(Karl Kraus, 1926年ノーベル文学賞ノミネイト)については、村山雅人『反ユダヤ主義:世紀末ウィーンの政治と文化』で1章が割かれている(第7章)。章題は「文化的アナキスト クラウス」である。そこでは、クラウスが「オーストリアの文学史において唯一無二の存在」であり、「知的テロリスト」として描かれている。賛否の激しい人だった。味方は多くなかった。賛同者の声をいくつか拾っておく———「このアンチ・ジャーナリストにたいして、しばしば心からの感動」を感じた(ヘルマン・ブロッホ)/「カール・クラウスは、唯一偉大な、倫理観に裏打ちされた論争家で風刺家である」(テオドール・ヘッカー)/「聡明な友」であり「われわれの時代第一級の作家」(ベルトルト・ブレヒト)/「神や自然から遠くかけ離れてしまった人類に途を示した人物」(アドルフ・ロース)。クラウスに対する敵対者の声からもいくつか。「ツァラトゥストラの猿」(アントン・クー)/「オーストリアの墓掘り人夫」(ヨーゼフ・ロート)/「名うての悪ガキ」(シュニッツラー)/「世間の人びとに嫌悪を呼び起こす存在以外の何者でもない」(フランツ・ヴェルフェル)。

note: カール・クラウス(Karl Kraus, 1874-1934)/ポール・ファイヤアーベント(Paul Karl Feyerabend, 1924-1994)/ヘルマン・ブロッホ(Hermann Broch, 1886-1951)/テオドール・ヘッカー(Theodor Haecker, 1879-1945)/ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht, 1898-1956)/アドルフ・ロース(Adolf Loos, 1870-1933)/アントン・クー(Anton Kuh, 1890-1941)/ヨーゼフ・ロート(Joseph Roth, 1894-1939)/シュニッツラー(Arthur Schnitzler, 1862-1931)/フランツ・ヴェルフェル(Franz Werfel, 1890-1945)

Related Post