江戸幕府を支えた学問

投稿者: shidarapress

1630年、47歳を迎えた林羅山は、東京・上野の忍岡(しのぶがおか)に学寮を建て、「忍岡学塾」を開く。土地は3代将軍家光が与えた。羅山は、徳川家康から4代将軍まで仕え、初期江戸幕府の基盤形成におおきく関わった朱子学者であり、博物学的な知性をもっていた。羅山と家康の関係からも分かるように、朱子学は幕藩体制を支える理念になっていく。師匠の藤原惺窩が、羅山を家康に繋いだ。忍岡学塾(1630)は、のちに湯島聖堂学問所(1690)に、さらに昌平坂学問所 (1797)となり、官立学校・昌平学校(1868)へと続いていくが、明治に入って閉鎖・廃止に。なお福沢の私塾は、1866年その名を慶應義塾と改める。

note: 忍岡の名は現在も残っている。東京大学 本郷キャンパス裏手の台東区立忍岡小学校や、上野恩賜公園を挟んだ、鶯谷駅近くに位置する台東区立忍岡中学校など/藤原惺窩(1561-1619)幼少の頃に僧侶となるも仏教への疑問から儒学の世界へ/林羅山(1583-1657)/徳川家康(1543-1616)/徳川家綱(4代将軍, 1641-1680)/湯島聖堂学問所(1691年, 林信篤に始まり、林家が代々、大学頭に登用されていく。だが明治に入ると儒学は新時代を先導する学問とはみなされなくなる)/福沢諭吉(1835-1901), 1858年に私塾を開き1866年に慶應義塾と改称/東京大学の歴史

⊆ 設樂剛事務所

Related Post