ウィーンが産んだ反逆児たち

投稿者: shidarapress

以下は、ウィーンという名の〝母〟が産み出した反逆児たち、ハプスブルク体制を覆した次代の担い手たちである。彼らは共通して、人とは違った仕方で世界を認識していた。ただしそこには創造的な文化英雄ばかりでなく、市民社会の攪乱者もいた。ヒトラー誕生の秘密もウィーンに隠されている。

◉ ウィーンという都市が、いよいよ〝運命の都〟のように思われてくる。なぜなら、ここに集まった人間が、さまざまな人生をたどりながらつくりだした文化、政治、そして事件が、20世紀を決定した、といってもいいからである。ウィーンという名の〝母〟は、じつに多産だった。

だが、ウィーンが産み落とした子どもたちは、どれもが鬼子のように思われたことだろう。19世紀末のウィーンが産み育てた文化は、ハプスブルク体制の常識からするなら、およそ異端児であり、反逆児であり、手に負えない子どもたちだったからである。

芸術の分野でいうなら「分離派」を創設したクリムトにしろ、ココシュカ、シーレといった画家たちにせよ、音楽の領域なら、十二音音楽をつくりだしたシェーンベルクにせよ、また、建築に関していえば、オットー・ヴァーグナーやアドルフ・ロースにしても、まさしくそうであった。学問の領域においても、フロイトの精神分析は世間を驚かせるのに十分だったし、哲学ではウィーン学団が、それまでの思考を根本から変革しようとしていた。さらに、政治運動においても、あのシオニズム運動の指導者テオドール・ヘルツルは、ウィーンの新聞「ノイエ・フライエ・プレッセ」のもっとも権威ある文芸欄の編集者として、多くの作家たちを発掘していたのである。

しかし、なかでも、この都市が育てた文字どおりの鬼子は、ほかならぬヒトラーであった。ウィーンにとって、それはこの上ない災難であったにちがいないが、この都市を語るときには、どうしても彼を除外するわけにはいかない。 森本哲郎『ウィーン』1992, pp.298-9.

Related Post