近代小学校の誕生

投稿者: shidarapress

CSR感覚に長けた経営者らによって、国の動きよりも先に、町人たちを中心に小学校の設立が進められていく。この経営者とは、京都・鳩居堂の主人を指す。東京の人には、銀座4丁目交差点にある鳩居堂といったほうがいいかもしれない。鳩居堂4代目主人は社会貢献活動に熱心だった。7代目はこれからを担う後進の育成に注力したし、8代目が日本で最初の近代的な小学校の設立にも携わっていく。この近代小学校の誕生にあたっては、福沢諭吉もアドヴァイザーとして関与した。

◉ 三条大橋の近く、三条御幸町の松屋に泊まっていた福沢諭吉のもとに、槙村正直(第2代京都府知事)が訪ねてくる。槙村は、日本で最初の近代的な小学校の設立に尽力したことでも知られる。設立の動きには、槙村と未来構想を共有していた、山口県出身の日本画家・森寛斎、それから京都・鳩居堂の8代目主人である熊谷直行も関わっていた(直行は、明治の東京遷都にあたって、銀座の4つ角に鳩居堂・東京支店を設立)。鳩居堂の歴史では、4代目主人・直恭が社会貢献活動に篤かったことが知られている。また、直行の先代、7代目主人である直孝が、これからを担う人材育成事業に力を注いだ。御幸町(ごこまち)に塾を設置して、読み書きを学ぶ場をつくった。これが日本最初の近代的小学校・柳池小学校の“母体”となっていく。8代目の直行は、この直孝の熱意を継いだ。日本最初の近代的な小学校の設立は、1869年の上京第27番組小学校(柳池校)とされるが、この設立に際して、熊谷直孝は私財を投じた功労者であった。国は、この3年後の1972年に学制を発布し、翌73年に官立の東京師範学校附属小学校を設立する。このように、国の動きよりも先に、町人たちを中心に小学校の設立が進められていく。京都に小学校が誕生するにあたっては、明治新政府の動きとは別に、福沢(思想家・教師)―槙村(行政)―森(芸術家)―熊谷(町人)というラディカルな結び目が、京都で張り巡らされていた。

⊆ 設樂剛事務所

Related Post