ヴァッサーマンの嘆き

投稿者: shidarapress

19世紀末、ウィーンのカフェといえば文化的創造の震源地を連想するかもしれない。しかし実際は、精神的頽廃を意味する場所であった。そこでは文学活動が葬り去られ、男性たちは暇を潰し、女性たちは軽薄な娯楽読みものに耽っている。人びとは、時間を要する本を手にしなくなり、新聞に興じていた。人間はいつも立派なことばかりを考えているのでもないし、放っておけば精神は退廃していくことが以下の文章には示されている。今も変わらない人間の心の傾向と言えるかもしれない。

◉ 19世紀末にみられたカフェ・グリーンシュタイドゥルに蔓延していた退廃的で、虚無的な傾向。こうした傾向を苦々しく思っていたのは、カール・クラウスただ独りだけではなかった。ユダヤ系作家ヤーコプ・ヴァッサーマン( Jakob Wassermann, 1873-1934 )もそのひとりであった。彼はこう書いている。「カフェは、ウィーン社会の精神的廃墟を意味する。そこで暇をつぶす男性は、妻や他の女性たちと真面目に意見を交わす習慣を断ってしまう。すでに、文学を少しは真剣に受け止めたいという気持ちになっている婦人たちは、ひとり放置され、結局は軽薄な娯楽読みものに興じるという、安易な道を歩んでしまう。そして男たちも、時間を要求する本にはまったく手をださなくなり、結局は新聞に乗り換えてしまう。カフェ人種はもう日刊紙しか読まず、教養ある人間の場合でも、せいぜいグラフィック雑誌が加わるにすぎない。それゆえ、さほど苦もなく読めるこの種の読みものも、カフェ人種からまもなく見向きもされなくなるであろう。真摯さや徹底性の精神は、カフェの雰囲気のなかでは育たないのである。ウィーンのカフェは、われわれの知性、われわれの教養を飲みこんでしまう。空気の悪い、煙たいばかりの穴蔵のなかで、わたしたちの文学活動は葬られてしまう。現在のところ、ウィーンのカフェには、文学的不幸のすべての源流が集まっている。 村山雅人『反ユダヤ主義:世紀末ウィーンの政治と文化』1994, pp.215-6を加筆・編集.

Related Post