ポセイドンの神殿

オデュッセイア:王の遍歴

Pocket

『オデュッセイア』には何が書かれているのか
重要な論点は、上のリンクを辿ればいいが、
本書の骨格(オデュッセウスの冒険譚)は、以下の通り:

1.オデュッセウスは、帰郷の途中で海神ポセイドンの怒りを買う。
2.このためオデュッセウスは途中さまざまな妨害に遭って、旅を進めることができない。
3.単眼の巨人キュクロプス(Kýklōps)、魔女キルケ(Kirkē)、女神カリュプソ(Kalypsō)、
恐ろしい海の怪物セイレン(Seirēn)などに行く手を阻まれる。
4.嵐に遭遇し、ついには死者の国にまで行かされる。このような困難に直面しながらも、
その都度機転を利かせて切り抜けるオデュッセウスの冒険物語。

実際には10年間つづいたオデュッセウスの遍歴生活が、
41日間の出来事として語られる。

starbucks_-seiren
セイレン(Seirēn)

コメントを残す

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。