狂人日記

投稿者: shidarapress

日本への留学経験のある陳独秀(1879-1942)が、はじめ独力で『新青年』を上海で創刊する。この『新青年』第4巻第5号(1918年5月)に発表されたのが、魯迅『狂人日記』である。魯迅というペンネームが使用されたのもこのときであった。また『新青年』に、翻訳以外の口語型創作小説が掲載されたのも、このときが最初だった。竹内好によれば「中国の古い社会制度、とくに家族制度と、その精神的支柱である儒教倫理の虚偽を暴露することを意図している点では、当時の新思潮と共通の認識に立っていた」とされる。

Related Post