トマス・ウルフ:言葉を削れない男

Pocket

トマス・ウルフ Thomas Wolfe の『 失われしもの 』は、ひとりの作家の若き日の肖像であり、その本のとほうもない長さが取りざたされた。

原稿を見た人に言わせると、床から数フィートの高さになるということだった。実際には、薄いオニオンスキン紙で1114枚で、語数にして33万語、厚さ5インチだった。

ウルフ自身も認めていたが、これほど大部の本ではまず読み通せないし、扱いにくいに決まっていた。

そこでウルフはひとつの方針を立てて縮小することにし、日記にこう書き記している。

「第一に、すべてのページから、作品の意図に照らして重要だと思えない言葉を削ること。各ページから10語削除しただけでも1万語を減らすことができる」。

1月中旬からこの仕事にとりかかっていた。

ウルフは、友人宛の手紙にこう書いている。

「斧をふるって10万語ほど削るように。作品の採用が決まったとき、そう出版社から釘を刺された」

パーキンズからもおおまかに指示されたのは、主人公にしっかりと焦点を合わせ、ひとりだけ際立つように削除の手を加えればいいだろう、ということだった。

ウルフは長い時間をかけて『失われしもの』に手を入れた。その出来栄えに満足して、数週間後にはまたスクリブナー社に出かけた。

パーキンズは、作品の詩情をすばらしいと思う気持ちこそ変わらなかったが、納得はしなかった。

ウルフの努力にもかかわらず、原稿はたった8枚分しか短くなっていなかった。

しかも、パーキンズに示唆された部分をほとんど削除したのはいいが、その前後をつなぐため、新たに書き足した言葉が数千語に膨れあがってしまったのである。287-88

コメントを残す

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。