しぶしぶ『グレート・ギャツビー』

投稿者: shidarapress

成果は共につくられるものだが、その際しぶしぶが好結果を生むこともある。

◉ 出版の期日が迫るにつれ、フィッツジェラルドは落ちついていられなかった。とりわけ、題名に確信がもてなかったのである。3月初めには編集者に電報を打って、書名を『金の帽子のギャツビー』に変えたいのだが、遅すぎるだろうかと聞いてきた。編集者からの返事はこうだった。そのような変更をすればいたずらに出版を遅らせるばかりか、大きな混乱を招くだろう。そこでフィッツジェラルドは『グレート・ギャツビー』という題をしぶしぶ認めることにしたが、心のなかでは、これがいつまでも作品の傷として残るだろうと考えていた。

その小説が今日、英語で書かれた20世紀最高の小説に数えられている。

1 1922 Ulysses James Joyce
2 1925 The Great Gatsby F. Scott Fitzgerald
3 1916 A Portrait of the Artist as a Young Man James Joyce
4 1955 Lolita Vladimir Nabokov
5 1932 Brave New World Aldous Huxley
6 1929 The Sound and the Fury William Faulkner
7 1961 Catch-22 Joseph Heller
8 1940 Darkness at Noon Arthur Koestler
9 1913 Sons and Lovers D. H. Lawrence
10 1939 The Grapes of Wrath John Steinbeck

reference to this page: Modern Library 100 Best Novels. note: フィッツジェラルド(Francis Scott Fitzgerald, 1896-1940)。仕事をする意欲がなくなると決まって南のヴァージニアに向かった/グレート・ギャツビー(The Great Gatsby, 1925 )ニューヨークの証券会社に勤務する主人公ニックは、ギャツビーの世界を乗りこえて自分の物語を歩み始める。物語構成は、Ⅰ. ジェイ・ギャツビーとの出会い、Ⅱ.デイズィを愛し続けるギャツビー、Ⅲ.マートルの死、Ⅳ.ギャツビーの死。 ぼくがまだ若く、いまよりももっと傷つきやすい心をもっていたときに、父がある忠告を与えてくれた・・から始まる/マックス・パーキンズ( Maxwell Evarts “Max” Perkins, 1884-1947 )フィッツジェラルドの担当編集者。チャールズ・スクリブナーズ・サンズ所属。

Related Post