物語というSOCIAL FORCE

Pocket

エマニュエル・トッド( Emmanuel Todd, 1951- )が、ここ330年ぐらいのスコープで、BREXITについて、次のような解釈を披露している。

「 イングランドからはじまった産業革命は、ヨーロッパ全体を経済的に一変させました。そして、1688年に名誉革命によって、議会主義の君主制が確立されました。欧州各国で採用されている、近代的な民主主義の出発点はイギリスにあったのです。

1789年のフランス革命家の夢と目的は、政治的近代化のモデルであるイギリスに、なんとしても追いつくことでした。そしていま、そのイギリスが、自らが先鞭をつけたグローバリゼーションの流れから抜け出そうとしている(BREXIT の意味あい)。イギリスの国民国家への回帰は、歴史的にも最重要のフェイズだと思います 」


《以下は、現代の「国民国家への回帰現象」についてではなく、「social forceとしての物語」について》

note: 名誉革命(Glorious Revolution, 1688-89)
この革命は、政治史上、①イギリスの《議会政治の確立》、そして②イギリスにとどまらず、近代的な民主主義の出発点として大きな意義をもつ。これにより国王の絶対的な専制を打破し、《議会》というコンセプトが政治システムの中核に据えられることになる。王権との調和の上に、君主制(立憲君主制)の基盤が形成された点で特筆される。

政治システムのイノベーションに到るまでの経緯:
PhaseⅠ)「王と神」を支える基盤への着目。つまり、国王の絶対主義的専制を支える基盤、いいかえれば、国王による専制的な政治支配を正当化する「物語(narrative)」への着目。その物語を “王権神授説(divine right of kings)”といい、これによれば、王権は神に由来するもので、神聖にして絶対である。王は神にのみ責任をもち、人民は王の命令に反抗することは許されない。−−「絶対主義的専制」という言葉に、人間と権力、国家と権力の根深い問題が映し出されている。


PhaseⅡ)Innovationとは、技術のみならず、ある時代の社会システムや、人々の認識基盤となっている物語を大きく書き換えることであり、この時代に誰がそれを先導したかといえば、一応トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes, 1588-1679 )ということになっている。

ホッブズはフランシス・ベーコンFrancis Baconの経験論を継承した人物で、個人と国家の関係は《契約》によって成立すると主張。王権の正当性を、神ではなく、契約に置くという新構想、すなわち新種の物語(narrative)をぶつけたのだった。主著『リヴァイアサン』1651 の登場である。

ただしホッブスの示す物語は、王政を否定することまではしなかったという点で、まだ不徹底だったと言える。それでも、「神から契約へ」という新たな物語(=新たな正当性の基盤)を唱道したホッブスは、社会契約論の先駆的な認識を提示したことになる。

一方の国王サイドは、当然、“王権神授説”という既成の対抗物語(narrative)で、毎度、一様の応戦するわけだが、時代は1688年の名誉革命を境に、立憲君主制の成立へと向かっていく。これによって、これまで神のみに責任を負うとされた国王であっても「法と議会」のもとにしたがう、という全く新しい原則が打ち立てられることになる(議会主義の君主制ーthe beginning of parliamentary monarchyー)


PhaseⅢ)さらに新たな語り部が登場する。それがジョン・ロック(John Locke, 1632-1704)であり、『市民政府二論』( Two Treatises of Government, 1690 )の出版であった。ここでは、王権神授説という宗教的権威が徹底的に否定され、新たな立憲君主制に正当性をもたらす物語(narrative)が語られる。

こうしてイギリスは、物語1(王権神授説)→物語2(Hobbes)→物語3(Locke)と、物語に物語を重ね、かつ刷新することによって、王権神授説という旧式の偶像を破壊する。この結果生まれたのが、イギリスの議会制度であった。

ここにみられる「物語の革新、 そして新制度の設計へ」という流れは、何度追体験しても印象深い。この制度(parliamentary systems)は、後に日本も取り入れることとなる。

ロックのつくりあげた物語(= political theory)では、人はそれぞれ立法者に対しても対抗権=革命権(right of revolution)を持つ。だからそれは、近代的な民主主義の出発点である名誉革命を弁護するものであった。

なお、圧政に対する人民の根本的権利として革命権を設定するという思想は、中世にも見られた。Lockeは、この思想を徹底的にクローズアップして物語化した。ゼロから革命権という見方を編み出したわけではない。

それはそうと、Lockeの仕立てた物語(narrative)は、18世紀のフランス啓蒙思想、そしてアメリカの独立運動、とくに独立宣言(United States Declaration of Independence, 1776)にも大きく取り入れられていった。

物語(narrative)は、時と場を越境し、新たな歴史を展開するsocial force になっていく。

コメントを残す

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。