「新しい学」を生みだす場

投稿者: shidarapress

維新の騒乱もほどなく収まって、平和な世の中へとむかっていたが、新政府はまだまだ後片づけが容易でなく、明治5〜6年までは教育に手を付けることができず、もっぱら新しい学問を教えるのは慶應義塾だけだった。なんでも廃藩置県のあとになるまで慶應義塾ばかりが洋学に熱心で、それから文部省というものができ、大いに人間育成に力を入れることができるようになっていった。205