護持院ヶ原(東京大学発祥の地)

投稿者: shidarapress

今度は日暮れから出かけていく。あの往来は、ちょうどいまの神田橋一橋外にある高等商業学校のあるあたりで、もと護持院ヶ原といって、大きな松の木などが生い茂っている淋しいところで、追いはぎでも出そうなところだ。そこを小石川からの帰り道、夜の11時か12時ごろ通るときの怖さというのは、いまでもよく覚えている。100

Related Post