ケイマン諸島の労働構造

Pocket

カリブ海のオフショア金融センターであるケイマン諸島は、一人あたりGDPが南北アメリカで4番目に高いが貧困地区も存在する。労働力の55%を占める外国人も、サービス業に従事する低賃金層と、金融業の高賃金層に分かれている。

Newsweek, 2016.5.31, p.46

設樂剛事務所

コメントを残す

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。