流動する世界と核問題

投稿者: shidarapress

昨日の講演で、現代社会の特徴のひとつとして、流動性(Liquidity)について取りあげた。そのあとに読んだ記事では、次のように書かれている。

71年前、原爆が広島と長崎に投下され、その圧倒的な破壊力に誰もが戦慄した一方で、第2次大戦の戦勝国らは、競うように禁断の兵器を開発し続けた。冷戦時代に幕が下りると、10年ほどは核戦争の脅威が後退したかにみえた時期もあった。

しかし、今は違う。核の脅威はむしろ冷戦期よりも高まってるとさえいえる。冷戦当時と違って、現在は大国間の力関係が流動化している。核をもつ国はもはや大国に限られず、今は北朝鮮のような狂気じみた独裁国家や、パキスタンのように不安定な国家が核をもつ時代だ。

にもかかわらず、世界の核問題に対する感覚は麻痺する一方だ。
唯一の被爆国・日本でさえも、だ。

横田 孝(Newsweek編集長)「オバマの広島訪問と日米の過去との対話」Newsweek, 2016.5.31, p.22

Related Post