4日目の朝

投稿者: shidarapress

4日目の朝、高僧が町の広場で乾いた木をすりあわせて新しい火を生み出し、住民のひとりひとりがそこから新しい火をもち帰る。

H.ソロー『森の生活』上巻 p.123

設樂剛事務所

Related Post