世界モデルとしての物語

投稿者: shidarapress

人類学者の山口昌男は、こう述べている。「人は、それぞれの課題と関心に合うように世界を切り取り、世界についてのモデルを、たえずつくり変えていかなければならない。世界はもはや、そこにあり、それを客観的に記述していけば再現できる、というものではない。われわれがたえず、解読のためのモデルをつくり変えていかなければ、世界はたちまち眼前から姿を消してしまう」。ここでいう世界を切り取り、世界についてのモデルとなるのが「物語」というメディアである。物語とは世界モデルなのである。

 

note: こうした見方と関連してくるものとして、K.ローレンツの生命観をあげておこう。生命の特徴は認識の更新にあると彼は言っている。だから物語を更新しない人間は、ただ生きているだけで、生命本来の機能を発揮していないことになる。なおこれは原理論なので、この話をビジネス界でいうとどういうことになるのかと考えて、世界モデルを再編成し、より有効な政策・戦略を立案するために、ビジネスの大転換(1)ビジネスの大転換(2)といったプログラムを設けてみた。また物語という世界モデルを組み上げるには、ナラティブ・アプローチがある。医療・看護・社会福祉の領域に限定せず、ここでの発想と方法はビジネスの領域に適用されてよい。

設樂剛事務所

Related Post