Pocket

サロン文化と並行して、往復書簡の文化が育まれた。「文字になった会話」が重視されるようになったのである。サロン史とは、「書きながら話す」、そして「話しながら書く」歴史であったから、ここには、さまざまな書簡集、日記、伝記、信条書が出現した。いずれの試みも、日々、自らが観察したことや、自らが経験したことを書きとどめようとするものだった。

設樂剛事務所

Related Post

コメントを残す