「読書院」構想

投稿者: shidarapress

「読書院」をはじめるので、有志を募り、関係者の参加をうながす1通の手紙がある。福沢諭吉から肥田昭作に充てられたものだ。いつ書かれたのかについては明治8年説と10年説があるが、ともあれこの書簡以外に資料がなく、「読書院」構想が実現したかは、はっきりしないらしい。

「おい、一緒に読もう」と福沢に声をかけられたのは、肥田昭作と阿部泰蔵と荘田平五郎をはじめとするメンバーだった。肥田はこの3ヶ月前に東京外国語学校の校長を辞めている。阿部はこの1ヶ月前に文部省を辞任しており、荘田は三菱商会で翻訳係をしていた。福沢はこの手紙の中で「いまからニューライフと思って、しっかり学びなさいな」といっている。

設樂剛事務所

Related Post