『21世紀の資本』

投稿者: shidarapress

T・ピケティの『21世紀の資本』は富と所得の歴史的な変動を理解しようとするもので、1998年から2013年にかけて実施された15年におよぶ研究に基づいている。多くは他の研究者との共同研究の成果に負っている。

とくにアンソニー・アトキンスン。かれはピケティのお手本となった人物で、かれがはじめて、ピケティの格差にかんする歴史研究(フランスを対象)に目を通した。そして2人は共同研究を開始し、イギリスをはじめとして全部で20カ国をカバーする所得格差の歴史的推移について包括的なデータベースを構築する。

もうひとりのキーパースンはエマニュエル・サエズである。ピケティと彼はアメリカを対象にデータの収集と分析をはじめる。結果1970年から1980年にかけて、トップ1%の所得が「めくるめくほどの増大を遂げている」ことを発見する。この研究が、アメリカの政治論争に一定の影響をもつようになった。これと関連して、資本と所得に対する最適課税にかんする理論的論文も2人で執筆を重ねていくことになる。

また本書で頻繁に参照している世界トップ所得データベース(WTID)の精緻化はファクンド・アルヴァレードに、本書の「細部への慎重な配慮」はガブリエル・ズックマンに負うところが多い。

設樂剛事務所

 

Related Post