平均値から多様性へ

投稿者: shidarapress

平均値だとか、頻度が高いとかいうことが意味をもつのは、社会のなかで類似性や均質性が高く、かつ、さまざまな事象が正規分布のかたちで起こっていた時代の話です。個別化、分散化、多様化がテーマとなる時代では価値創造の重要な指標とは言いがたいものです。

◉関連リンク 人間を発見する時代多様性への投資

設樂剛事務所

Related Post