顧客囲い込みの不毛さ

投稿者: shidarapress

顧客囲い込みという用語は、実際に囲い込み行為を生みだしています。囲い込むために解約しにくくしたりして、かえって顧客からの信頼を損なう事例も見られます。顧客囲い込みよりも、むしろ今日では、顧客との「関係づくり」をどう有効に進められるかが、価値創造の重要な条件になってきました。そもそも情報検索に長けた現代の生活者たちは、企業による顧客囲い込みの垣根をやすやすと飛び超えて、複数ブランドを楽しんでいるのですから、囲い込んでいると思っているのは、企業サイドの勝手な思い込みともいえます。

◉関連リンク 遊牧し、越境する生活者たち

設樂剛事務所

Related Post