Pocket

第3カーブ・マーケティングという「実践の知」では、いわば2つの眼を使いこなす重要性が説かれます。2つの眼とは、課題を解決し、変化を起こしていく「当事者の眼」と、その変化プロセスを見つめながら記述し、語っていく「観察者の眼」を指します。より望ましい成果を生み出すために、この2つが同時に、ないし交互に働いていることが必要不可欠です。

◉関連リンク 方法としての対話強いリーダー待望論の意味「ブラーリング」現象

設樂剛事務所

 

Related Post

コメントを残す