強いリーダー待望論の意味

投稿者: shidarapress

先々の見透しがわるい時代には、強いリーダー待望論が登場してくるようです。カリスマ待望論といっても構いません。

しかしリーダー待望論の背後には、強いリーダーが閉塞状況を打ち破ってくれるのであって、自分自身は変化の場には関与しないという、いわば当事者回避願望が隠れていることが少なくありません。強いリーダー待望論はやがて、強いリーダーへの依存体質を生み出すとともに、消極的な指示待ち人間の増加、「当事者」の不在、カリスマ頼み、ひいては個人崇拝・神格化の温床に。

◉関連リンク1 インターミディエイター講座
◉環連リンク2 エンパワリングモノいわぬ顧客たちの変貌当事者の眼と観察者の眼

設樂剛事務所

Related Post