エンパワリング(empowering)

投稿者: shidarapress

生活(or ビジネス)の当事者が、未来にかけて自らの生活(or ビジネス)を改善ないし、つくりなおすことを目指し、対話と協働を通じて、課題解決力と価値創造力を開発していく、継続的かつスパイラルな共同学習プロセス。人間開発、学習力開発、自律化の支援・奨励を含意。「学生の――、ビジネスマンの――」「教育から、――へ」

類語】エンパワーメント(empowerment)、メンタリング(mentoring)

関連語】 変化の経験(experiences of changing)、
共同学習(co-learning)、
人間開発(human development)、
再人間化・人間回復(re-enchantment)、
ナラティブ・アプローチ(narrative approach)、
イマジナティブ・アプローチ(imaginative approach)、
身体知(embodied knowing)、 自律的学習(autonomous learning)、
状況に埋め込まれた学習(situated learning)、
正統的周辺参加(legitimate peripheral participation)、
コミュニティ・オブ・プラクティス(community of practice)、
キャンパスのBlur化(’blurring’ campus)、
未来のコンピテンシー(new competency) 、
アフォーダンス(affordance)、多元的知性(multiple intelligences)、
デジタル・メディア活用(better use of digital media & networks)、
自己決定(autonomy)、自己表現(assertion)、
イネーブリング(enabling)、
つくりかえられるテクストブック(adaptive textbook)、
開かれた対話と創造の場、生成変化(becoming)

◉関連リンク Becomingとしての人間 (Human Becoming) │ エンパワリング(Empowering)

設樂剛事務所

Related Post